スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

猫と妄想の日々14 「小島よしお」「ピッ」 

 

 

 

 

うちの猫は「ピィ」と鳴くので、鳴き声が似ているという理由で

小島よしおさんの「ピ〜ヤ」というギャグが大好きです。

 

 

 


ほかにもこんな音たちが気になります。

 

 

 

 

あと猫の鳴き声は、金属のビンの蓋を閉めるときに鳴る「キィッ」って音にも少し似ています。

その都度、心臓がドキッとしてしまいます。なんでだろう。。

 

 

 

 

あと、話が小島よしおに戻りますが、今回小島よしおさんをはじめて描いてみて、

そういえば小島さんがはいている海パンって何色なんだっけと思い、調べてみたら

一色だけではなく、たくさんの種類の素敵な海パンが画像検索から出てきたので

(小島よしお 海パン でググってみてください!)

この方はいろいろな種類の海パンをはいて仕事をしているのだなぁと感心しました。

 

これから小島よしおさんをテレビで見かけたときは、

ギャグはもちろんのこと、この方のはいている海パンにも注目して見ていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

猫と妄想の日々 13 布団アタック、愛情が報われないとき俺は

 

 

 

最近、夜、ひどい目にあっています。

 

 


 

 

夜寝ているとなぜか猫が布団に全力でタックル(布団アタック)してきます。

 

 

それがもう連日にわたるものだから、猫による襲撃におびえ毎日寝不足でぐったり、

どうして猫がこんなに飛び乗ってきたりかじってきたり襲い掛かってくるのかが分からなくて、

アレそういえばなんでワタシこんな目に合ってまで猫飼ってるんでしたっけアハハのハ〜☀

と、自分を見失ったりしていました。

 

 

 


そしてこの話を猫好きの友人(猫と妄想の日々12「裏目に出た善意」で登場)に話したら

 

 


 

 

 

と、案の定、超高速の早口でお叱りをいただきました。

 

 

自分はこんなに○〇してあげたのに、と、相手(猫)に見返りを求めている時点で

本当の意味で猫のことを愛していない、

それは飼い主のエゴ、飼い主失格、未成熟な人間とまで言われました。

 

 

でも毎日可愛がって育てていたら、

さすがに見返り(というか普通におとなしくしていてほしいだけ)を求めちゃうよなぁ、

(わたしの場合は猫だけど、人間の子育てだったらならなおさらそうなんだと思います)

愛した分だけ愛されたいし、がんばった分だけ報われたいと思うのは自然なことだよなぁ、

と思いますがどうなんでしょうか。。

 

 

 

 

それにしても猫好きの友人が猫の話をするときは、

南海キャンディーズの山里さんが「テラスハウス」で人の悪口をまくしたてるときみたいに

超高速口調なのに一切かむことなく流暢に話し終えるので、

普段無口なのにすごいポテンシャルを秘めている人だなぁとひそかに尊敬したりしています。

 

 

 

 

 

 

 

那珂市立図書館 こども図書館まつり

 

 

 


遅くなりましたが

先日、茨城県の那珂市のこども図書館まつりにて

絵本のワークショップをやらせていただきました。

 

 

 

 

 

 

今回もたくさんの子供さんたちが来てくださり

とても楽しい時間を過ごすことができました(^^♪

 

 

 

絵本の読み聞かせの後は

『いちごパフェエレベーター』をもとにオリジナルのパフェ作り。

 

 

 

 

 

子供さんはもちろん、おかあさんたちも一所懸命作ってくださっています!

 

 

 

 

そして子供さんたちの作品を何点かご紹介♪

 

 

 

 

今回最年少2歳の女の子の作品

可愛い&迫力満点!

 

 

 

 


 

 

電車が好きな男の子の「新幹線パフェ」!

(パフェのタイトル欄に電車のシールが♡)

 

 

 

 

 

 

 

 

リボンが可愛い「スペシャルカラフルパフェ」♪

(ストローもついていて飲めるみたい!)

 

 

 

ほかにもたくさんの個性的な作品を見させていただき

とても楽しかったです。

 

 

 


 

最後はみんなで記念撮影。

 

 

 

 

そしこちらの様子は5月11日付の「広報なか」でもご紹介いただきました。

 

 

 

 

 

 

今回も皆様のおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。

 

那珂市の図書館の皆様、そして来てくださった子供さんとそのご家族の方々、
貴重なお時間をありがとうございました!!